腰痛の施術法

腰痛について

腰痛とは、腰に痛みを感じる状態のことを指しており、人によって原因が異なるため、痛み方などに違いはありますが、男性では1番目、女性でも2番目に訴えの多い症状です。
年齢を問わず発症し、誰でも一度は経験するといっても過言ではないほど一般的な症状ではありますが、「痛みが1ヶ月以上続く」「痛みが楽になる姿勢がない」「足に痺れや痛みがある」などの場合は、重大な病気や怪我が原因となっている場合もあります。
ここでは腰痛の原因となっている様々な病気と、当院の施術法をご紹介致します。

腰痛に関連している症状

ぎっくり腰

いきなりグキっという衝撃と共に、腰が強烈な痛みに襲われる腰痛のことで、医学的な診断名ではなく一般的な名称です。
ふとした瞬間や、急な動作、重い荷物を持とうとしたとき、体を回旋(捻った)ときなどにその姿勢で固まったまま動けないほどの激痛が走ります。
重く張ったようなだるいような痛みが続き、慢性化する場合もあります。

椎間板ヘルニア

背骨の主に腰部で椎骨と椎骨の間にありクッションの役割を果たしている椎間板が変性し、組織の一部が外に飛びだした状態をいいます。
このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こす場合があります。
この症状を坐骨神経痛といい、椎間板ヘルニアの代表的な症状となっています。

脊柱管狭窄症

脊髄の通っている脊柱管が狭くなり、神経が慢性的に圧迫されている状態をいいます。
腰部の脊柱管狭窄の特徴的な症状として、痛み自体は強くありませんが、歩いたり立ち続けたりしていると、ふとももや膝から下に痛みやしびれが出て歩けなくなり、少し前かがみになったり、腰かけて休むと症状が軽減される症状を繰り返す、間欠性跛行があります。
脊椎骨の老化が原因で、比較的年配の方に多くみられるようです。

腰椎分離症・分離すべり症

背骨の背中側にある椎弓と呼ばれるところが割れた状態が分離症です。
ここが割れることで背骨を縦一列につなぎとめている靭帯のサポートが効かなくなり、背骨の本体部分である椎体がおなか側に滑り出た状態が分離すべり症です。
加齢とともに進行していくこともありますが、どちらかといえば成長期の男性に多い症状です。

pagetop