ひざ痛の施術法

ひざ痛について

中高年のお悩みで特に多いのがひざ痛です。
痛みの他に、膝の動きが悪くなったり、腫れや熱感をともなったり、身体の他の箇所にも異常が発生するなど、実に様々な症状が現れるケースが多いです。
放置しておくと膝関節の運動が制限され、そこで無理な関節の動きが生じるため軟骨や靭帯・筋肉などの軟部組織が炎症を起こし、痛みが生じてきます。
ここではひざ痛の様々な原因となっている病気と、当院の施術方法をご紹介致します。

ひざ痛に関連している症状

変形性膝関節症

ひざ関節の軟骨がすり減り、関節炎や関節の変形を生じて、痛みなどが起こるとされている病気です。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛みます。
症状が進むと正座や階段の昇降が困難となり、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝が曲がりも伸びもしなくなり歩行が困難になります。

膝蓋腱炎

膝の使いすぎによって起きるスポーツ障害の一つで、「ジャンパー膝」などとも呼ばれます。
初期は膝蓋骨の下に違和感を感じる程度ですが、徐々に走ったりジャンプした時に痛みを感じるようになります。
症状が慢性化してくると、膝が腫れてきて、ちょっと歩いたり、さわっただけでも痛みを感じるようになり、重症化した場合は、膝蓋腱が切れて、膝に激痛をともなうこともあります。

鵞足炎

膝の内側から膝下にかけて痛みや腫れが生じてきます。
特に、膝をいっぱいにまで伸ばしたときに痛みが起こりやすいことや、階段の昇り降りに支障をきたすことが多いのが特徴です。
初期は膝を動かした時のみ痛みますが、ひどくなるとじっとしている時にも痛みを感じるようになり、日常生活にも支障をきたします。

腸脛靭帯炎

走っている時、走り終えた時、患部を指で押した時などに膝の外側に痛みを感じます。
「ランナー膝」などとも呼ばれます。
初期は膝の外側が緊張するようなきしむような違和感や痛みを感じます。
症状が進行してくると、痛みは徐々に大きくなり、なかなか治まらなくなって慢性化します。
重症化すると膝の曲げ伸ばしが辛く、日常生活においては階段の昇降ですら痛みを感じます。

オスグッド・シュラッター病(オスグッド・シュラッテル病)

思春期の男児に多くみられる膝下の痛みで、スポーツをしているお子さんに多い症状です。
ジャンプや走りこみ等、繰り返しの動作によって膝周辺に衝撃が加わり、脛骨(ひざの骨)付近の骨や靭帯に炎症が生じることで起こるとされています。
痛みは動かすと強くなり、安静にしていると和らぎます。
やがて、その部分に腫れと圧痛が生じます。

O脚・X脚

脚を閉じた状態でまっすぐ立った時に、太腿、膝、ふくらはぎ、くるぶしのいずれかが開いた状態をO脚と呼び、左右の内くるぶしに隙間ができる状態のことをX脚と言います。
初期症状は外見上の異常のみですが、そのまま放置すると、「腰痛」「肩こり」「冷え」「膝関節の痛み」「股関節の痛み」「片頭痛」などの症状を引き起こす場合があります。

pagetop